スマホとwimaxの比較

wimaxは無線のデータ通信サービスです。
データ通信ならスマホでテザリングすればいいじゃないか、と思われる方も多いでしょう。
しかしwimaxの特徴は、データ通信量の多さにあります。
ふつうのスマホなどの契約だと、だいたい一ヶ月に7GBまでは高速通信ができ、それ以降は通信スピードに制限がかかります。
だいたい128kbpsや200kbpsになってしまうところが多いでしょう。
これ以上高速通信したい場合さらに高い契約にする必要があったりします。
128kbpsというと、一昔前のmp3の音楽データのビットレートくらいです。
つまり音楽を鳴らし続ける程度のスピードが精一杯ということですね。
これに動画や画像などのコンテンツがからんでくると大変厳しいわけです。
それと比較すると、wimaxは3日で3GBまで高速通信が可能であり、圧倒的な通信量の多さです。
限界まで使うとしたら、スマホなどの約4倍といったところです。
さらに、通信スピードに制限がかかった状態でも、スマホのような低速ではなく、もっと速く通信ができます。
快適な通信がウリのサービスですから、そのあたりも考慮されており、標準画質の動画であればストリーミング再生が間に合う程度の速度が保たれています。
おおきなデータのやりとりやHD動画観賞などをしなければ、実用的な速度が出ると思っていいでしょう。
これほどのスピードであれば固定回線を解約してしまってこれ一本にしてしまうという手もあります。
コストダウンもでき、出先でも高速通信できと一石二鳥です。